頭痛の治し方を知って悩み解消~ズキズキ頭痛をスッキリ改善~

病院を受診する

診察

頭痛の症状を感じる人の多くは、病院を受診しない人が多いです。頭痛は軽視されがちな症状ですが、自分の判断だけで対処をしていては、重症化してしまう恐れがあるので注意が必要です。日常生活に支障をきたすほどの頭痛は病院を受診した方が良いです。頭痛の治し方として、薬を飲むという方法がありますが、症状によっては、薬を飲まずに治す方法もあります。専門的知識を持っている医師に診てもらった方が良いのです。人によって受診する診療科は異なります。風邪や熱で頭痛が起きている時は、一般内科を受診するようにしましょう。慢性的な頭痛の場合は、頭痛外来や神経内科などの頭痛を専門に診てくれる診療科を受診すると良いです。神経内科や脳神経外科は、脳や血管、神経系を専門としているので、頭痛を診てもらうのに適しています。慢性的な頭痛の場合は発作的の起こるもので、常に症状は同じような痛みです。しかし、いつもよりも強烈な痛みを感じる場合は、緊急処置が必要な時もあるので、なるべく早く医療機関を受診した方が良いです。

頭痛の診療では、脳CT、脳MRI、脳MRA、脳波、脳血流検査、髄液検査、血液検査などの検査を行います。ただ医師によって、どの検査を行うのかは変わってきます。脳CTとは、放射線を使用して脳の断面を写すというものです。脳MRIは、磁気を使って断層撮影するというものです。脳CTは放射線被曝を心配にしている人が多いですが、脳MRIは放射線を使用しないので、放射線被曝の心配はありません。

頭痛を診てもらうために病院を利用する場合は、自分がどのタイプの頭痛か知っておくとスムーズです。頭痛は主に、偏頭痛や緊張型頭痛、群発頭痛、片頭痛と緊張型頭痛の両方など、4つに分けることが多いです。症状が時々起こるのが、偏頭痛です。週2回~月1回程度のペースで、頭痛が発症します。緊張型頭痛の場合は、偏頭痛と違って症状が持続します。1ヶ月に15日ほど起こる反復性、毎日のように起こる慢性があります。痛みは30分~7日ほど続くでしょう。特定の期間に集中して起こるのが、群発頭痛です。1ヶ月~2ヶ月の間ほぼ毎日症状が起きます。痛みは15分~3時間ほど続きます。

頭痛に悩んでいるなら、病院受診して治療するのが一番良いですが、自分でできる対策もあります。自分で行う緊張型頭痛の治し方は、首を温めたり運動をしたり、首をストレッチしたりするというものです。筋肉の緊張やストレスの蓄積によって起こってしまうので注意が必要です。群発頭痛の治し方は禁酒や喫煙、規則正しい生活習慣などが基本となります。飲酒や喫煙によって、痛みが強くなることもあるので、痛みがある時は避けた方が良いでしょう。症候性頭痛の場合は、脳や頭の病気の症状として頭痛が起きているので、根本的な原因となっている病気を治すことが何よりも大切です。