頭痛の治し方を知って悩み解消~ズキズキ頭痛をスッキリ改善~

慢性的に感じる症状

辛そうな女性

多くの人が悩んでいる症状として、頭痛が挙げられます。風邪をひいた時や熱が出た時に頭痛の症状を感じることはありますが、そのような病気の時だけではなく、日常的に頭痛の症状を感じることも少なくありません。頭痛は大別して2種類に分けることができます。1つは、発作的に頭痛を繰り返す慢性頭痛症です。もう1つは、脳炎、くも膜下出血などの病気の症状によって起こる症候性頭痛です。特に頭痛の悩んでいる人が多いのは、前者の慢性頭痛症です。慢性頭痛症は、更に細分化することができるでしょう。偏頭痛、緊張型、頭痛、群馬発頭痛、緊張型頭痛などがあります。頭痛に悩んでいて、頭痛の治し方を知りたいという人は多いですが、治療法の前に、まずは自分がどの部類の頭痛なのかを知ることが大切です。種類によって治し方も異なるので、頭痛について学ぶことを先に行いましょう。

慢性頭痛症の1つとして、偏頭痛があります。偏頭痛は、頭の片側だけが痛むことが名前の由来となっていますが、片頭痛患者は片方の頭だけではなく、両側の頭痛を経験している人も多いものです。人によっては、症状を起こす前に前兆を感じることもあります。その前兆として、キラキラした光、しびれ、言語障害などがあります。このような前兆が60分以内の間に終わり、頭痛が始まります。人によって発作の時間は違っていて、4時間ほど続く人もいれば72時間続く人もいます。痛みの強さは中等度~高度と強めなので、日常生活にも支障をきたしてしまいます。偏頭痛の治し方には、こめかみを冷やしたり押さえたりするというものがありますが、痛みがひどい場合は病院を受診した方が良いでしょう。

口や顎の機能異常、ストレスや不安、うつや妄想などによって引き起こす頭痛のことを緊張型頭痛と言います。緊張型頭痛は30分~7日ほど続きます。痛みの強さは片頭痛よりも軽く、軽度~中等度なので、寝込むほど頭痛の症状に悩まされるということはありません。目の周辺から後頭部にかけて、強烈な頭痛が数週間~数ヶ月ほど発作的に起こると、群発頭痛の可能性が高いです。発作が起こりやすい時間は夜や寝ている時で、頭痛が起きている時には頭が痛いだけではなく、目が充血したり、まぶたが下がったりなどの症状もあります。頭痛の中でも群発頭痛の発症率は低いので、認知されていない病気となっています。そのため、強烈な頭痛がある場合でも、医師がしっかりと診断できないこともあるでしょう。群発頭痛と同じ症状を感じているなら、神経内科の専門医を受診した方が良いです。頭痛に関する専門的な知識と、経験がある医師なら安易に診断することができます。

慢性頭痛症患者が多いですが、何らかの病気が原因で頭痛を引き起こしていることもあります。代表的な病気として、脳血管の病気があります。くも膜下出血などの脳血管の病気になると、強い頭痛を感じていたり、症状が長引いたりすることが多いです。腫瘍や感染症の恐れもあるので、症状に悩まされている場合は専門医の診察を受けておいた方が良いです。今まである程度頭痛を感じてきて、経験したことのない頭痛を感じたらすぐに病院を受診した方が良いでしょう。脳の病気が原因になっている可能性があり、命に関わることもあります。また、慢性的に頭痛の症状を感じる場合でも、CTやMRI、X線検査など詳しい検査をしておくべきでしょう。眼科疾患や甲状腺疾患など、他の病気が原因で頭痛を起こしている可能性があるからです。病院から処方された薬を使用しても、良くならない場合は詳細な検査を病院で受けておいた方が良いです。