頭痛の治し方を知って悩み解消~ズキズキ頭痛をスッキリ改善~

治療薬と予防薬

薬

頭痛の中で特に患者が多いのは、偏頭痛です。薬物療法の場合に使用する薬は、症状が起きたときに服用する薬と、発作を起こりにくくする予防薬があります。症状が起きた時に服用する急性期治療薬は、トリプタン契薬剤やエルゴタミン製剤などがあります。病院でしかもらえない薬もありますが、鎮痛薬なら薬局でも購入することができます。偏頭痛の治し方として一般的な薬物療法ですが、治療薬を10日以上飲んでいると薬物乱用による頭痛になるので注意が必要です。偏頭痛が起きる仕組みは、脳血管が拡張して三叉神経が刺激を受けると、神経ペプチドが放出されます。血管の周囲に炎症が起こる事で血管拡張が促進され、刺激が高まると偏頭痛を感じてしまうのです。治療薬として使われているトリプタン系薬剤を服用することで脳の血管に作用し、拡張している脳の血管を元に戻して神経ペプチドの放出が抑えられるのです。さらに、刺激の情報を脳に伝えないようにすることで、痛みや嘔吐、吐き気などの症状を抑えることが可能となるでしょう。トリプタン系薬剤は予防薬ではないので、症状が起こる前兆の時に服用してもあまり効果は期待できません。症状を感じて、軽い痛みの時にトリプタン系薬剤を服用することで、効果を得ることができます。

偏頭痛の治し方を知ることは大切ですが、予防の方法を知ることも大切です。医療機関では、偏頭痛における予防法の1つとして、予防薬の服用を勧めています。偏頭痛の発作が月に2回以上、急性治療薬を使用しても日常生活に支障をきたすほどの症状を感じる人に、予防薬は勧められます。予防薬として使われているのは、ベータ遮断薬、抗てんかん薬、抗うつ薬などがあります。予防薬だけではなく、サプリメントを使って予防をすることもできます。ビタミンB2やマグネシウムのサプリメントを服用すると良いです。偏頭痛の治し方として、カフェインを飲む方法があります。コーヒー、緑茶などに含まれているカフェインには、血管を収縮させる効果があるので、頭痛を治すのに効果的です。しかし、カフェインを摂り過ぎると頭痛を引き起こしてしまうので、適度な量を摂取するように注意した方が良いです。

頭痛の治し方として、水を飲むという方法があります。1つのことに集中していると、水を飲むことを忘れることもあります。水分が不足していると、血液の流れも悪くなってしまい、頭痛を引き起こしてしまいます。ですから、頭痛が起きたらまずはコップ一杯分の水を飲むようにすると良いでしょう。お風呂に入るのも、頭痛を治すのに効果的です。お風呂に入ることで、血液の循環が良くなるからです。頭痛の治し方は様々ありますが、人によって症状が起こる原因は違うので、治し方をそのまま実践したからといって必ず治るわけではありません。そのため、頭痛を改善できずに悩んでいる人が多いのです。まずは、頭痛の原因となっている生活習慣を見直して、それでも症状が続くような場合は、専門医に相談した方が良いでしょう。